ハトムギ化粧水とNIVEAの最強タッグ

冬になるとどうしても乾燥肌がひどくなるのが悩みで、特にお風呂上りは肌がつっぱたり、ピリピリした感じがあります。

乾燥肌がひどいと化粧ノリも悪くなるのでスキンケアは必須です。

そんな私が何よりも気を付けていることは保湿です。

保湿の際、私にとって欠かせないのが『ハトムギ化粧水』と『NIVEA』の二点です。

お風呂上りは服を着る前にまずハトムギ化粧水を浴びるようにつけます。

これが大容量かつ安価なのでバシャバシャ使うには本当に一押しの商品です。

その後、しっかり潤いを閉じ込めるためにNIVEAを塗り込みます。

この時、パックぐらいの厚みでしっかり塗るようにしています。

本来、NIVEA自体はあまり伸びが良くないのですが、直前に化粧水をつけているおかげですんなり塗り込みやすくなります。

この行程をすれば、寝る直前までずっとしっとりした肌が保てます。

また、朝の保湿も怠らないようにするようになりました。

数年前までは化粧水を塗らずに化粧をしていたのですが、ある日から化粧ノリの差は保湿の差でもあるということに気が付いてから欠かさず行っています。

化粧前でもハトムギ化粧水を塗って、NIVEAを塗り込むことでしっとりした肌で化粧することができます。

私はこのような保湿方法でなんとか冬を乗り切っています。

私のくすみ肌撃退の方法

10代の頃「最近お肌がくすみがち?」という言葉を聞いても「くすみって何?どういう状態?」という感じでした。

しかし20代後半になった今、「今日なんだかお肌くすんでるかも…」と感じることがしばしば。

順調に歳を重ねている証拠でしょうか。

「くすみ」にも色々な種類があるかと思いますが、私が思うくすみは、透明感がないというお肌の状態です。

毎日ほどよく汗をかき血行が良い状態を維持できればくすみも改善されるのかなと思いますが、なかなか汗をかく機会もありません。

更に私は冷え性で肩こりも酷い。

きっとくすみ肌の原因が沢山あると自負しています。

そんな私ですがくすみ肌にならない方法は知っています。

ただそれは次の日にの朝に効果がでる方法であって、体質・肌質が改善されるわけじゃありません。

なので明日はデート!とか大切な日の前夜に試すことが多いです。

その方法はまず洗顔をしその後の綺麗な肌の状態で、角質を取るジェルで角質を軽く除去します。

その後のお肌はとても繊細になっているので、いつもの化粧水を優しくたっぷりとつけてあげます。

そしてその後にビタミンCが入っている美白のパックをします。

最後にいつもの乳液を優しくつけて終了です。

これだけですが翌朝のお肌の透明感は全く違ってきますよ。

お肌が弱くて心配な方は、角質を取った後にいつもの化粧水でコットンパックをし、乳液で終了してもいいかと思います。

お肌が荒れてしまっては本末転倒ですもんね!

蒸しタオルとハトムギ化粧水でお肌ケア

私のスキンケア方法は、洗顔を行う前に蒸しタオルを使用して毛穴を開いてから行っていることと、冷やしたハトムギ化粧水を使用して毛穴の黒ずみとニキビを予防しています。

私は昔からニキビがひどく、薬をつけて治してもまたすぐにできてしまっていましたが、この方法にしてからニキビの数やできやすさが激減し、毛穴も目立たなくなりました。

詳しい方法は、最初に濡らして固く絞ったフェイスタオルを電子レンジで1分ほど温めて蒸しタオルを作り、それを顔にしばらくのせて毛穴を開かせます。

その後はクレンジングオイルをつけた指で肌の上を優しくくるくると回し汚れを浮かせていきます。

その後はオイルを流して細かく手のひらで泡立てた洗顔フォームをつけて顔を洗い、ぬるめのお湯で優しく洗い流します。

泡立てネットは、頻繁に使用するもので水場においてあると衛生的に気になるため使用せず、自分の手のひらで泡立てることもポイントです。

洗い終わった後はタオルですぐに水気を取るのではなく、濡れた状態のまま冷やしておいたハトムギ化粧水を肌につけ、毛穴を引き締めます。

その後はそのまま美容液や乳液もつけていきます。

洗顔料やクレンジング、化粧品を購入する際に気をつけていることは、なるべく鉱物油やアルコールなどの使用していない、無添加のものを選ぶということです。

マッサージしながら時間をかけてスキンケア。

乾燥肌と目尻の小じわ、ほうれい線が気になっています。

私が行っているスキンケアの一つは、洗顔料を使って顔を洗わないことです。

洗顔のときに使用するのは、ぬるま湯のみ。(熱いお湯だと乾燥につながるので)

ぬるま湯を手ですくって、100回くらい顔を洗います。ごしごし洗わずに、顔にお湯をかけるかんじでジャブジャブ洗います。

洗顔後のスキンケアは、特に高級な商品はしようしていません。

ドラッグストアなどで売っているお手頃価格の化粧品、乳液、美容液をたっぷり使ってます。

それらの商品を使うときは、顔の中心から外側に皮膚を軽く引っ張るようにしながらマッサージをします。

たっぷり使っているので最初はびちゃびちゃしてますが、何度もマッサージしているうちにお肌になじんでいきます。

それを三種類の商品全てを使って行います。

顔だけではなく首やデコルテにも同じ作業を行っています。

最後は、ワセリンでしっかり水分や油分を閉じ込めます。

また、体については、普段は手でマッサージするように洗っています。

スポンジを使用すると必要な油分まで取り除いてしまうので、ボディーソープを十分に泡立てて、泡でマッサージするように、優しく洗っています。

入浴後は、市販のボディークリームを全身にマッサージするように時間をかけて塗り、さらにベタベタしない程度の量のワセリンをゆっくりマッサージしながら塗ってます。

顔に関しては、時々洗顔後なにもしない日を、週に1回くらい作っています。

肌を甘やかさないためです。

生理前の対策としてのケア

生理前は、どうしてもホルモンバランスの崩れがあって、あごのにきびが出来てしまいます。

ほっぺたにもプツプツと2.3か所出来ます。

きちんと治りきらないうちに、次の生理が来てしまいまた同じことを繰り返してしまいます。

生理前はチョコレートなど甘いものも欲してしまいます。

でも、チョコレ―トを食べると必ず、あごににきびが出来てしまいます。

対策としては、チョコレートや甘いものを食べないようにすることです。

どうしても、甘いものを食べたくなるときがあり、欲望がなかなか抑えきれませんが、あごのにきびができるとことを考えると、甘いものへの欲求は少し治まります。

あとは、朝に洗顔をするときは、蒸しタオルをすることです。

蒸しタオルは面倒な時があって毎日はなかなかできませんが、寒い日の朝やにきびが出来そうなときに、蒸しタオルを顔全体に当てて毛穴を開き、洗顔をしています。

鼻のプツプツとした黒ずみも、蒸しタオルをすることによってきれいになります。

ほわっと暖かくなって気分も上々ですよ。

擦りすぎないことも気を付けるポイントです。

洗顔料をしっかりと泡立てて使うことです。

泡だけでなでるだけで汚れは落ちるのです。

ごしごし擦るなんて肌を痛めて傷になるだけですよ。

この年代だからこそスキンケアを見直しました

40代になって肌がとても乾燥するようになりました。

乾燥するので目尻のシワが目立つようになり、目元のアイシャドーがうまく塗れなくなってきました。

さらに、口元にできる法令線も目立つようになってきました。

今までは、洗顔の後に化粧水と乳液というシンプルなお手入れでも十分でしたが、今はもう厳しくなったので肌のお手入れの方法を見直しました。

まず、クレンジングは乳液タイプを使用し、浮かせるように化粧を落とします。

その時、手のひらは温めておきます。

洗顔は、しばらく消えないくらいの濃厚な泡をたてて肌に乗せるようにして、こすらず、なでるようにして洗います。

その後、タオルで軽くたたくように水分を拭きとってからすぐに化粧水をつけ、さらに乳液、美容液を重ね付けます。

その後、しばらくしてから化粧用のオリーブオイルを上塗りして保湿させます。

朝も同様に手入れの最後にはオリーブオイルを塗ります。

そうすると長い時間、乾燥せず化粧が崩れにくくなります。

また、オイルをつけた後は顔の皮膚を上に向かってマッサージしています。

そうすると法令線が目立たなくなりました。

目元は目の中にオイルが入らないように、シワの部分にオイルをつけて乾燥させないようにしています。

ちょっとしたことで肌の状態が変わっています。

基礎はニベアしか使ってません!

私は昨年の冬からニベアクリームの青缶のみでスキンケアを済ませています。

実は数年前までは近所の友人がフェイシャルエステの仕事をしていたので、付き合いでそこに通いつつ何千円何万円もする基礎化粧品を使っていました。

現金一括ではとても払いきれない額だったので、当然クレジットカードで払っていたのですが、今思うと無駄な買い物だったなと思います。

当時は結婚していたので、私のお金というよりは元ダンナのお金で払っていたようなものですけど、フェイシャルエステに通うのは元ダンナも喜んでくれていましたので。

今は離婚して一人暮らしです。

節約しなければ生活していけません。

それでも最初のうちは化粧水や乳液を当然使っていました(なるべく安いやつ)
ところが、ネットで「ニベアはリーズナブルなのに高級化粧品と同じ成分が含まれている」という情報を入手しまして、使ってみることにしました。

ニベアを使うときは、もちろん化粧水も乳液もいりません。

直接肌に塗るだけです。

これを1年以上続けていますが、肌の調子はお高い基礎化粧品を使っていたときと何ら変わりありません。

私は今現在40代後半ですが、20代30代の女子に「肌がきれい」と褒められます。

1度や2度ではないのでお世辞と思わず信じちゃってます。

冬でも顔がカサつくこともなく、むしろ手のほうがカサついてしまうので、時々顔に塗るついでに手にも塗ったりしています。

さすがに夏はベタつきやすいので塗る量を少し減らしますが、オールシーズン使えるのでとても重宝しています。

とにかくニベアは絶対にオススメです。

混合肌に合わせたスキンケア

私は混合肌だと感じており、混合肌に合わせたスキンケアをするように心がけています。

(小鼻のまわりは皮脂が多いなと感じ、頬のあたりは乾燥しやすいと感じています。

①メイク落とし・洗顔
季節に合わせて使用するアイテムの性質を変えています。

汗ばんで皮脂の出やすい夏場はしっかりと毛穴の角栓も溶かしてくれるようなアイテム、乾燥が気になりやすい冬場にはアーモンドオイルが配合してある保湿ケアもしてくれるアイテムを選んでいます。

洗顔後のケアのみでなく、メイク落としや洗浄のアイテムにもこだわることで洗顔後のつっぱりがなくなったり、肌のコンディションが保ちやすくなったりすると感じています。

②洗顔後のケア
特に乾燥しやすい頬のあたりを重点的に、化粧水は少しずつ何層にも重ねて塗るようにしています。

手ではなく、毛ばたちにくいコットンを使用してポンポンと叩き込むことで、ムラなく化粧水を塗れて細胞への化粧水の浸透率がアップするそうです。

また、化粧水のみでは水分が蒸発してしまい、更に乾燥を招いてしまうので、必ず乳液やクリームを塗っています。

乾燥しやすい頬の部分は、乳液のあとにクリームも塗ることでより乾燥を防ぐように意識しています。