ハトムギ化粧水とNIVEAの最強タッグ

冬になるとどうしても乾燥肌がひどくなるのが悩みで、特にお風呂上りは肌がつっぱたり、ピリピリした感じがあります。

乾燥肌がひどいと化粧ノリも悪くなるのでスキンケアは必須です。

そんな私が何よりも気を付けていることは保湿です。

保湿の際、私にとって欠かせないのが『ハトムギ化粧水』と『NIVEA』の二点です。

お風呂上りは服を着る前にまずハトムギ化粧水を浴びるようにつけます。

これが大容量かつ安価なのでバシャバシャ使うには本当に一押しの商品です。

その後、しっかり潤いを閉じ込めるためにNIVEAを塗り込みます。

この時、パックぐらいの厚みでしっかり塗るようにしています。

本来、NIVEA自体はあまり伸びが良くないのですが、直前に化粧水をつけているおかげですんなり塗り込みやすくなります。

この行程をすれば、寝る直前までずっとしっとりした肌が保てます。

また、朝の保湿も怠らないようにするようになりました。

数年前までは化粧水を塗らずに化粧をしていたのですが、ある日から化粧ノリの差は保湿の差でもあるということに気が付いてから欠かさず行っています。

化粧前でもハトムギ化粧水を塗って、NIVEAを塗り込むことでしっとりした肌で化粧することができます。

私はこのような保湿方法でなんとか冬を乗り切っています。

私のくすみ肌撃退の方法

10代の頃「最近お肌がくすみがち?」という言葉を聞いても「くすみって何?どういう状態?」という感じでした。

しかし20代後半になった今、「今日なんだかお肌くすんでるかも…」と感じることがしばしば。

順調に歳を重ねている証拠でしょうか。

「くすみ」にも色々な種類があるかと思いますが、私が思うくすみは、透明感がないというお肌の状態です。

毎日ほどよく汗をかき血行が良い状態を維持できればくすみも改善されるのかなと思いますが、なかなか汗をかく機会もありません。

更に私は冷え性で肩こりも酷い。

きっとくすみ肌の原因が沢山あると自負しています。

そんな私ですがくすみ肌にならない方法は知っています。

ただそれは次の日にの朝に効果がでる方法であって、体質・肌質が改善されるわけじゃありません。

なので明日はデート!とか大切な日の前夜に試すことが多いです。

その方法はまず洗顔をしその後の綺麗な肌の状態で、角質を取るジェルで角質を軽く除去します。

その後のお肌はとても繊細になっているので、いつもの化粧水を優しくたっぷりとつけてあげます。

そしてその後にビタミンCが入っている美白のパックをします。

最後にいつもの乳液を優しくつけて終了です。

これだけですが翌朝のお肌の透明感は全く違ってきますよ。

お肌が弱くて心配な方は、角質を取った後にいつもの化粧水でコットンパックをし、乳液で終了してもいいかと思います。

お肌が荒れてしまっては本末転倒ですもんね!