ヒアルロン酸がいいのかもしれない

29cec53f9827d855bab98070f4c8bf65_s

最初に出てきた肌の悩みは、20代後半に目の下に出来た茶色のシミです。

これには市販されている『ケシミン』を使いました。

半年くらい使用してみて私には合わなかったのか効果があるという結果は残念ながら出ませんでした。

ヨーグルトを塗ると良いと聞いてやってみましたが、これも効果は無しでした。

そのうちに頬がたるみ始めてきて、目じりの小じわも目立ち始めてきました。

元来が面倒くさがりな性格なので、基礎化粧品でオールインワンで、たるみを主にうたってるものを買い使ってました。

いろいろ調べてサプリメントのコラーゲンを買い毎日飲むようにしてました。

そして、今度は上唇の上に無数の縦じわが出始めてきました。

これは遺伝なんです。

母も母方の父親、その親戚ほとんどの人がこの縦じわが異常にあります。

これは本当に見た目、年齢以上に老けて見えます。

まるで入れ歯を外してるような口元になります。

どうしたら良いか悩んだ結果、意を決して美容外科に行ってヒアルロン酸の注射をしました。

当たり前ですが効きます。

目に見えて違います。

やって良かったと思ってます。

ですから、定期的に注射をして、日ごろのお手入れとしてアンチエイジングに特化してるスキンケアを使い、サプリメントはコラーゲンから今はヒアルロン酸を飲んでます。

たまにヒアルロン酸入りのシートマスクもします。

これが良いのか悪いのかは正直分かりませが、注射をする期間は確実に延びています。

寝る前には、化粧水と乳液セットで塗って寝ます。

私は小さい頃からの乾燥肌でした。

生まれつきなものなので、乾燥しやすい寒い時期には、特に肌が乾燥肌になってしまうことが多々ありました。

最初の頃は、肌は潤っててよかったのですが、次第になってからは、カサカサ肌になったをしたので痛みが出てきました。

なので、このまま乾燥していては、余計に痛くなるので、この前、友人が教えてくれたスキンケアをするようにしていました。

寝ている時間帯が、肌の修正する時間帯で、寝る前に潤いを与えてくれる基礎化粧品を使用すると良いとのことでした。

メーカーにはこだわらずに、自分の肌にあっている乾燥肌用の化粧水と乳液セットが一番いいので、使用してみることにしました。

ダイソーで売っていたアロエ化粧水と乳液を購入して、寝る前に化粧水、乳液の順番に塗ってみることにしました。

化粧水は潤いの肌を作ってくれるし、乳液は潤いの肌を防いでくれるので、すぐにもっちりとした肌で気持ちよかったです。

また、寝る時間帯でカサカサ肌にならなくて、朝起きてみると、もちもちとした感触の肌に持ちこたえてくれるので嬉しかったです。

仕事に行く時にでも、外出する際には、化粧水と乳液は欠かせないぐらいの重要な乾燥肌対策ものでした。